各公式サイトや口コミなどを見て、金利や評判などを比較してチェック

私は以前消費者金融を利用したことがあるのですが、その時どの業者を利用するかは各公式サイトとその他の口コミなどを見て、金利や評判などを比較して決めようと最初は思いました。

 

ただテレビコマーシャルを放送しているような大手の方が安心だと思ったので、比較検討したのはそうした大手だけでした。そして各業者の審査基準や流れ、借り入れまでの時間などを調べて、一番審査が簡単で早そうだったところに決めようとしました。

 

ですがその業者は私が暮らしていた地域に営業所や無人契約機がなく、一番近いところでも電車で数駅離れていたのです。なので結局は家から近いところに無人契約機があった業者に決めました。

 

こんなことなら最初にまず家から距離の近いところを探しておけば良かったです。せっかく公式サイトや口コミを見たのに、結局は家からの距離だけで決めたのですからあまり意味がありませんでした。とはいえその業者も大手だったので、安心して利用はできました。

 

近年の消費者金融について

消費者金融を利用しているという方は増えているといわれています。これはなぜかというと、以前までに比べて、消費者金融がクリーンなイメージとなっているのと同時に、借りやすくなっているからであるといえるでしょう。

 

消費者金融というと、今までは店舗で借り入れをしたり、無人契約機などを使って借り入れをするというのが一般的でした。しかし、最近では、インターネットや、スマートフォンからも気軽に申し込みをすることができるようになりましたので、とても手軽となっています。

 

このため、消費者金融を利用したい方は、すぐに利用することができるというのも一つの原因だと思います。また、消費者金融でも初心者の方でも借りやすいように、金利を30日間無料のキャンペーンなどを行っていたりします。

 

このため、お得に初心者は借りることができるので、一度使ってみようかな、という気持ちにさせられると思います。今の消費者金融は誰しもが借りやすくなっているといえるでしょう。
>> おすすめの消費者金融

 

いざという時に心強い消費者金融

消費者金融も計画通りにちゃんと返済をすれば、とくにどうということもなく逆に便利なものです。昔は消費者金融で借金をしてしまうと利息だけが膨れ上がっていつまで経っても元金が減らず、返済が終わらないんじゃないかと思っていました。

 

しかし実際に利用してみると毎月期日に遅れることなく返済すれば、元金も確実に減っていくし、借入額が少なかったからか一年もしないうちに返済を終えることができました。私が消費者金融を利用したのは身内の入院費として急にお金が入り用になったからだったのですが、他に借りる当てもなかったので、消費者金融を利用できて助かりました。

 

もし審査が通らず借り入れができていなかったら、病院の入院費を払えなかったかもしれません。そしてこれ以降、今のところは消費者金融を再度利用してはいませんが、もしまた急な出費やどうしてもお金が必要になったら消費者金融を頼ってしまうと思います。それにそうした時に頼れる当てがあるというのは結構心強いものです。

安全性と利便性と危険性と消費者金融の利用

消費者金融を利用するには、その利便性だけに注目するのは良くありません。何しろお金を借りると返済しなければなりませんので、利息の支払い負担についても返済約定日についても遵守しなければならないのです。それは簡単なことではありません。ですから消費者金融は安全性と危険性についても考えておくべきです。

 

しかしお金に困った時に手軽に借り入れができるのですから、安全に利用することを心掛けさえすれば、これほど便利なものはありません。ですから、いたずらに「消費者金融は危険そうで怖いものだ」などと思い込む必要は全くありません。怖いのは消費者金融ではなくて、返済計画も立てずに無謀な借り入れをしてしまう無分別な消費者のほうです。

 

つまり、どんなに便利で重宝する消費者金融も、使い方を間違えてしまうと大変なことになるということです。ですから安全性と利便性と危険性については、事前に正しく理解しておくべきです。そうすれば何の問題も無いでしょう。

 

消費者金融はひと昔前よりだいぶ利用しやすくなりました

今は金利の上限が昔よりも低くなって消費者金融も使いやすくなってきました。過去の29%なんて金利では借りるとその後の生活の影響が大きすぎて手が出せませんでした。私は過去に支払いが間に合わなくなって複数社から催促を受けた過去がありますが、とにかく精神的にきついものでした。

 

というもの、借りたときは普通に職があって払いきれる計算をしたうえでの利用でしたが、その後に会社を退社、次の仕事が思うように決まらず支払いと生活が金銭的に間に合わない事態となった経験をしました。喰らいついてでも職場に居座るべきだったのですが若かった当時はそれができず、すぐに次の職場が見つかるだろうと簡単に考えていました。

 

親や当時交際していた彼女に散々な迷惑をかけ、どうにか完済。とても苦い思い出です。借りるのはホントに簡単なことで、先のことまでシッカリと考えて利用することの重要さを勉強させられました。借りないで済むことならそれに越したことはないのですが、車や住宅などを含めて考えるとお金を借りるという行為はより良い生活をするために必要な場合は多くあると思います。

 

要は使い方で、何が起きても対処できる状況をつくるように努力をして、利息を含めたリスクというものをしっかりと理解した使い方をすることが大事なんだと学びました。現在はクレジットカードを2枚所有して利用しています。昔の過ちを再び繰り返すことのないように大事に使っています。

 

消費者金融を誤解している人へ

消費者金融と聞くと、あまり良いイメージをもたれない方がいます。中には消費者金融と所謂ヤミ金業者を同一視している方などもいが、実際は消費者金融と所謂ヤミ金業者まったくの別物なので、その様な認識は間違っているといえます。では、消費者金融とヤミ金業者どの様にちがうのでしょうか。

 

簡単に言ってしまうと、法律を遵守しながらお金を貸しているかどうかになります。テレビCMなどで有名な消費者金融などはこの法律を遵守しながらお金を貸していますが、ヤミ金業者などはこの法律には従わず法外な利息などを利用者から徴収しています。

 

もし、急にお金が必要になったら銀行から借りるのが選択肢としてはプライオリティが高いですが、銀行からお金が借りれない場合などは、大手消費者金融などからお金を工面するのが手堅い選択肢であるといえます。もし、あやまって悪徳なヤミ金業者からお金を借りてしまったとしても心配する必要はありません。

 

なぜなら、そういったケースから利用者を救済する法律があるからです。ですが、事前にヤミ金業者かどうかを認識する事ができれば、不要なトラブルを防ぐ事ができます。まずは思い込みを持って消費者金融とヤミ金業者を混同する事がないように、最低限の知識を身に付ける事が重要です。